生活習慣病の原因にもなっている”塩分”と”油分”は、気を抜くと取りすぎてしまう調味料ですよね。

だからといって、控えすぎるのは逆にストレスになってしまったり、日々の食生活が楽しくなくなる人も多いのではないかと思います。

そこで、ストレスになりすぎない上手な調味料との付き合い方を、”油分”に注目してまとめてみました。

油には、身体に良い油と悪い油がある

油には、大きく分けて2種類あります。飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。

・飽和脂肪酸は悪い油
コレステロール値をあげてしまう可能性の油です。取りすぎることで動脈硬化を引き起こし、脳卒中等の病気を引き起こす原因にもなります。飽和脂肪酸は、肉類に多く含まれています。調味料に注目すると、バターや生クリーム、ラード、マーガリンが飽和脂肪酸の多いランキング上位に入ります。

・不飽和脂肪酸は良い油
油は悪いイメージを持つ人が多いですが、その中でこの不飽和脂肪酸を取ることで、動脈硬化や血栓症など、血液に関する病気の予防、改善を促す効果があります。脳を活性化させ、記憶力を高める効果が期待できます。不飽和脂肪酸は、魚に最も多く含まれている油で、DHAとEPAの成分がこれらの働きを促します。DHAとEPAは、調味料にはみられない成分です。しかし、”a-リノレン酸”という調味料にも含まれる成分を体内に取り入れることで、EPAからDHAに変換されるのです。調味料に注目すると、純正ごま油、ラー油等にも不飽和脂肪酸が含まれているのです。

では、良い油が最も含まれている”不飽和脂肪酸”が多い調味料を詳しく見ていきましょう。

身体に良い油が入った調味料を詳しく教えて!

・亜麻仁油(フラックスシードオイル)
あらゆる生活習慣病の予防や改善に効果を発揮するだけでなく、アンチエイジングにも効果的な健康を増進させる”理想の油”なんです。実は、この亜麻仁油には魚と同じDHAが入っています。亜麻仁油のもとは、”亜麻”という花です。歴史的にも古くから愛用されてきた油であり、妊娠中でも安心して摂取できる油です。妊婦さんが摂取することで、頭のいい子が生まれると話題になり、日本でも話題になった油でもあります。油自体、無味無臭なので、料理に幅広い用途で使うことが可能です。

・エゴマ油(シソ油)
コレステロール値を下げる働きがあります。抗酸化作用があり、体内環境を整え、老化防止を働きかける作用があります。アンチエイジングとしても嬉しい効能ですね。動脈硬化の予防など、血液環境の改善に努めてくれます。えごま油を食事に取り入れる上手な方法は、えごま油自体”熱”に弱い油です。熱を加えてしまうと、DHAに変換する成分であるa-リノレン酸の成分が壊れてしまいます。よって、ゆでた野菜にえごま油をかけて、醤油やポン酢をかけて食べたりなど、そのまま食べるのがおすすめです。ちなみに、医療の現場に携わっている人が実践している方法は、”卵かけご飯”にえごま油をたらして食べることです。手軽に毎朝できる方法なので、興味がある方は是非実践してみてはいかがでしょうか?

”おいしいものは脂肪と糖でできている”これは、トクホの宣伝で用いられたキャッチコピーです。油は麻薬のようにおいしいからついつい食べすぎになりますが、病気を引き起こす原因にもなります。しかし、油は人間にとって必要不可欠な栄養でもあります。”ゼロ”にすることが決していいことではありません。なので、上手に取り入れるために”身体に良い油”を多めに使うなど、日々の生活に工夫して上手く健康を維持していくことが大事なことなんですね。