エンリッチ塩

エンリッチ塩とはどんなものか。

エンリッチ塩とは、主成分となる塩化ナトリウム以外にもアミノ酸や炭酸カルシウム、またクエン酸ナトリウムも少量ですが人工的に含ませた調理用の塩です。原料は日本国内の天然の海水を使用しており、「膜濃縮煎ごう法」という手法によって製造されています。「煎ごう」とは取り込んだ天然の海水を加熱上は酢させることで塩を結晶化させて採取することを言います。この製造方法は一般的なものですが私たちの耳に入ってこないのには理由があり、「煎ごうは一般的ではない」という理由から、一般者むけには「煮詰め」というような言葉で紹介されている製造方法です。

エンリッチ塩の特徴は。

エンリッチ塩はアミノ酸・炭酸カルシウム・クエン酸ナトリウムを含ませていることにより旨味をやや付け加えた塩で、調理にうってつけの塩です。また、湿度が高くありやすいような調理場でも湿りにくく、サラサラとした状態をたもちやすいので食卓塩としてもうってつけです。

エンリッチ塩の使い方

エンリッチ塩は主成分の塩化ナトリウムに旨味となる成分を含ませており、基本的な焼き物にはもちろんですが、煮物や炒め物などにも最適です。また、浅漬けなどに使用していただくことで野菜を引き締める効果もあります。また食卓塩としても準備しておいていただいて「塩味をもう少し足したい」というときにお好みで料理に足して味付けするのにも向いています。ただしエンリッチ塩には海塩や天日塩などのように天然のマグネシウム・カルシウムなどのミネラル成分がほとんど含まれていません。つまり「にがり」がほとんどないために塩だけのシンプルな味付けにはあまり向いているとは言えないかもしれません。また結晶粒もかなり小さいため溶けやすく、調理すればすぐに溶けてしまうため塩そのものを味わうということにも不向きです。

エンリッチ塩の注意点

エンリッチ塩は溶けやすく、また湿気にくいので手軽に使用することができますし、様々な料理に使用することができます。つまり利用する機会がとても多くなりやすい特徴があります。しかしエンリッチ塩は塩化ナトリウムが主成分なのは当然なのですが、天然のミネラル成分がほとんど含まれていないため、多量に摂取し続けるような習慣があれば高血圧などの原因となりやすいので注意しましょう。

まとめ

エンリッチ塩は湿気にくいという特徴から食卓塩として私も使用しています。塩そのものの旨味は一般的な食卓塩に比べるとありますが、やはり海塩などに比べるとどうしても劣ると感じます。それでもやはり手軽に使えるということから食卓にはおいておきたい塩の一種です。