おいしい食事を楽しむためには食材選びや技術を磨くことも大切ですが、使うだけでいつもの料理がワンランクアップする調味料があるとより気分が高まります。しかしおいしい調味料は世界中にたくさんあり、こだわりだせばキリがありません。ここではそんなこだわりの調味料の中から、ちょっと特別感のある調味料を厳選してご紹介します。

まさに果実のジュース!カスティージョ・デ・カネナ「EXVオリーブオイル 早摘みロイヤル種」

オリーブオイルは、品種や産地・製法によってまったく異なった味わいを持ちます。それぞれの品種が持つ個性を活かし、質の高いオイルを提供し続けているスペインの老舗ブランドのひとつがカスティージョ・デ・カネナ社です。その技術はオリーブ界のミシュラン本にも紹介されるほど、世界中から高い評価を受けています。

そんなカスティージョ・デ・カネナ社の「EXVオリーブオイル 早摘みロイヤル種」は、栽培・収穫が難しいと言われる希少なロイヤル種を使ったオリーブオイル。完熟前の若々しい緑の実を、摘んでからわずか4時間という早さで搾った新鮮な味わいは、フレッシュジュースのように若々しい苦味とピリッとした刺激が感じられ、フルーティーな風味が特徴。サラダやマリネに果実を思わせる風味をプラスしたり、パンをつけて食べるだけでもオリーブの品のある力強さを楽しめます。

広島発・新感覚青唐辛子調味料「青辛味」

シャープでフレッシュな辛味が魅力の青唐辛子。今は比較的手に入りやすくなりましたが、一昔前は旬の一時期しか手に入らない食材でした。そのため旬の時期以外は柚子胡椒で代用していた方も多いと思いますが、柚子胡椒は柚子が苦手な方にはおすすめできない調味料でもあります。また小さなお子さまがいるご家庭では、あまり辛い料理は敬遠されがちです。

そんな方にもおすすめしたい調味料が、銀座某百貨店の試食販売で1日100個売れたという話題の調味料「青辛味」です。お好きな料理に後からちょい足しするだけで、ひとりひとり好みの辛味に調整できますし、青唐辛子の旨味・辛味を活かしたシンプルな味わいは料理を選びません。

クセになる旨辛風味は、ラーメン・うどん・そうめん・おかゆ・リゾットのアクセントに、刺身・マリネ・焼肉・ステーキ・しゃぶしゃぶ・豆腐・鍋の薬味など、様々な料理のおいしさを引き立てます。

カナダ発・甘辛スパイシー調味料「トラッパーズミックス」

日本でもさまざまなスパイスが手に入りやすくなりましたが、おそらく日本でこの風味に出会ったことのある方は少数派なのではないでしょうか。それがテール・エグゾティック社の「トラッパーズミックス」です。

その味わいは、カナダの猟師たちに受けつがれる伝統的なピリッとした甘辛い旨塩味。希少なケベック産メープルシロップから抽出したメープルフレークに塩をブレンドし、ガーリック・玉ねぎ・パプリカなどの香味野菜、コリアンダー・ブラックペッパーの刺激的な香りが、甘辛風味だけでなく複雑な香りを醸し出しています。

また、通常のミックススパイスは熱を加える必要がありますが、トラッパーズミックスはふりかけるだけで複雑な味わいを楽しめる、まさに魔法の調味料なのです。メープルを料理に用いることに驚かれるかもしれませんが、砂糖ほど甘く無くコクがある多角的な風味を味わえば、この調味料の旨味の虜になること間違いなしです。

人気調味料を手に入れて食生活に楽しみを

巷で人気の調味料・話題のご当地調味料など、今は遠い外国の調味料まで簡単に手に入れることができます。しかしその分選択肢が増え、どの調味料が本当に自分の好みに合っているのか迷ってしまうこともあると思います。調味料選びに迷ったら、ぜひ参考になさってくださいね。